サインインできない→「Apple IDではありません」の原因

Apple IDが急にサインインを求めてくるようになった

iTunesでもiPadでもiPhoneでも昔から普通に使ってる英字のIDが
全ての端末で再サインインを求めてくるようになりました。

appleidsignin

しかしいつもどおりのパスワードを入力しても一向にサインインできません。
iTunesのほうでもサインインできず。今までずっと使ってきたIDなのに…

appleidfailed

まず大前提として正しいパスワードを入力してるか確認してみてください。
Apple製品は何ヶ月も何年もサインイン状態を維持してくれるのでパスワードを忘れてる人も多いと思います。
PCの場合はCapsLockで大文字入力になってないかも確認してください。

パスワード再発行しようとしても「Apple IDではありません」と言われてしまう

Appleのパスワード忘れのページ(https://iforgot.apple.com/)でパスワード再発行しようとしても
「Apple IDではありません」と言われてしまい再発行できません。
というかID自体が無効になっているような動きですね。

appleid

原因はiPad更新時のiCloudの設定?

先日、iPadが起動しなくなったため最新のiOSに更新することで復旧できました。
更新後にiCloudの設定を求められてそこでおそらくメアドを入力したのですが
そのときにAppleIDがそこで入力したメアドに変わってしまったようです。

iPadの設定をよく見てみたところiCloudのIDらしきところに
メアドが表示されていたのでそれで気づきました。

appleidipadicloud

そこで入力したメアドと古いパスワード
iTunes、iPad、iPhoneすべてサインインができて
もちろんApple アカウントの管理↓にもサインインできました。

Apple アカウントの管理
https://appleid.apple.com/

昔はメアド以外のIDを許可していたものの
いまはAppleIDはメアドのみ許可してるようなので
iOS更新時やiCloud開始時にIDをメアドに変更することを促してるようですね。

わかりにくいなーと思ってましたが、iPadのiOSを更新したときに
「Apple ID を確認してください。」というメールがAppleから届いてました。
ただの自分の見落としだったようです…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする